微調整できるようになることが大事

※この記事はメールマガジンのバックナンバーです
⇒メールマガジンの登録はこちらから


フルートが上達するために必要なことはたくさんあります。

その中の1つに、

「微調整が出来るようになること」

があります。


例えば、先生に、

「息が足りないから、もっと息を出してください」

と注意されたとします。

そうすると、

「じゃあ、息を吐く量を増やそう!」

と思って、急に息をたくさん吐くようにしたとします。

そうするとどうなるかというと、今度は息の音ばかりの汚い音になります。

「先生の言った通りにやったら音が汚くなった!」

と言う方がいますが、これは息をたくさん吐きすぎて息の量がオーバーしたんですね。

つまり、「やり過ぎ」です。

フルートはとても繊細な楽器なので、少し息の使い方で音が良くもなるし悪くもなります。

だから、

「息を微調整すること」

が大事になるんですね。

でも、最初のうちは、微調整をするのは難しいです。

なので、自分の吹き方を注意深く観察をしながら、自分がどんな息で音を出しているのかを知ることがスタートになります。

自分と向き合うことで、自分を細かくコントロール出来るようにしていく

こんな感覚で練習していくといいと思います。

メルマガバックナンバー一覧に戻る


ページトップに戻る