吹き方が安定すると音程も安定してくる

※この記事はメールマガジンのバックナンバーです
⇒メールマガジンの登録はこちらから


フルートを演奏していると、音程はとても気になりますよね。

アンサンブルをしたり、吹奏楽やオーケストラなどで他の人と合わせると、特に気になってきます。

音程が合わない時に、よく

「音感がないから音程が合わないんだ」

という話を聞きます。

でも、音感のあるなしと音程が合うかどうかは別問題かな、と思っています。

もちろん、細かい音程を合わせるためには、敏感な音程感覚が必要になります。

でも、アンサンブルや吹奏楽で音程を合わすには、音感よりも、

「安定した吹き方」

の方が大切になってくるんですね。

結局、いくらチューニングを合わせても、吹き方が安定してなければ音程は悪いままです。

例えば、

・フルートを外側に向ければ音程は高くなる
・フルートを内側に向ければ音程は低くなる

などの角度の問題もありますし、

・口を締めれば音程は高くなる
・口を緩めれば音程は低くなる

など、口の問題もあったりします。

もちろん、もっと細かく見ていくと、いろんなことが原因になって、音程が悪くなるんですね。

だから、基本的な吹き方を安定させていくことが、音程の安定した状態につながっていきます。

そういうことを考えながら、ロングトーンや音階練習などの基礎練習をしていくことが大切になってくるんですね。

フルートの吹き方が安定すると音程も安定してくる

そんなことをちょっと意識してみると、練習で注意することも変わってくると思いますよ。

メルマガバックナンバー一覧に戻る


ページトップに戻る