中音域のミ♭の練習方法

フルートの中音域のミ♭の音も、練習しているとうまくきれいな音が出ない音の1つです。

他の音に比べると息の音が多くなったり、うまく鳴らなかったりしやすい音なんですね。

うまくきれいな音がしない原因は、元々他の音に比べると出しにくい音だったりはしますが、それよりも吹き方がどこか変わってしまっていることの方が多いです。

なので、他の出しにくい音の練習と同じで、出しやすい音から出しにくい音に動く練習をしていきましょう。

ミ♭の場合は、まずレからミ♭の練習をしていきます。

この時に注意したいのは、

音がレからミ♭に動く時に口元やフルートの角度が動いていないか確認する

ことです。

レの音が良い音でミ♭だけ音が悪くなる場合は、口元が何か動いて変わってしまっていたり、フルートの角度が変わってしまっていることが多いんですね。

まずは、そこを注意しながら何度も練習をして、レからミ♭で吹き方が変わらないように気をつけて練習をします。

それが出来たら、次はミ♭の半音上のミから下がる練習をします。

この時も、ミからミ♭に下がる時に、口元やフルートの角度が変わっていないかをチェックしながら何度も練習をします。

この練習を繰り返し練習していくと、徐々に吹き方や角度が安定してくるので、他の音と同じくらいの音色になってきますからね。

ただ、今まで付いた吹き方の癖もあるので、少し時間をかけて練習をしていってください。

・まずは出しやすい音からミ♭に動く練習をしよう
・口元や角度が動いていないかチェックする
・今までの癖もあるので、時間をかけて練習していきましょう
レッスンノート目次に戻る


ページトップに戻る