昔の自分と比べると成長を実感しやすい

レッスンをしていると、生徒さんが音を伸ばしている最後で音程が低くなることがあります。

フルートの音程が低くなる原因は色々ありますが、音程が低くなりやすい生徒さんが吹いているのを見ていると、

・音の最後で下を向く

これが起きている方が多いかな、という印象です。

下を向くとフルートが内側を向いてしまうので、そのせいで音程が低くなります。

これは、息が苦しくなって下を向いてしまう場合と、下を向くことが「癖」になっている場合があるので、そこを気をつけて練習をしていきましょう。

練習としては、まずは鏡を見ながら自分がロングトーンの練習をしていきます。

音はどれでもいいですが、まずは出しやすい低音のシの音で練習をしてみましょう。

この時に、音の最後で下を向いていないかを鏡を見ながら確認をしていきましょう。

鏡を見ながらフルートの角度が動いていないか練習をしていると、下を向いて吹かなくなっていくので自然と音程が低くならなくなってきます。

下を向いて吹いてしまう癖のある方は、練習で鏡を活用してみてくださいね。

・下を向くと音程が低くなる
・鏡を見ながら練習してみよう
・フルートが内側に向かないか注意しよう
レッスンノート目次に戻る


ページトップに戻る