中音域のレ♭(ド#)の音だけ音色が変わってしまう

中音域のレ♭(ド#)もフルートにとっては、ちょっと嫌な音ですよね。

他の音に比べると、少し音が抜けたような音になってしまったり、音程も高くなったり低くなったり。

特にフルートを始めて間もない頃には、不安定になりやすい音です。

原因は、

・右手の小指以外は押さえないので、持ち方が安定せずにフルートの角度が変わってしまう
・口の形が変わりやすい


このあたりが原因になっている場合が多いです。

練習としては、前後の出しやすい音からレ♭(ド#)に動く練習をしてみましょう。

今回の場合は、ドからレ♭(ド#)に動くパターンと、レからレ♭(ド#)に動くパターンの両方を練習していきます。


長さは、最初の音を2拍伸ばす、次の音を4拍伸ばす、2拍お休み。

この長さで練習をしていきます。

注意することは、

・次の音に動く時に息、口、角度を変えないこと

ここを注意して練習をしてみましょう。

そうすることで、徐々にレ♭(ド#)の吹き方が安定していくので、他の音と同じ音色で吹けるようになっていきます。

レ♭(ド#)が苦手な方は、毎回フルートを練習する時にこういう練習を取り入れてみてくださいね。

・レ♭(ド#)がうまく出ないのは吹き方が安定していないから
・出しやすい音から練習しよう
・息、口、角度を変えないように注意する
レッスンノート目次に戻る


ページトップに戻る